トップページ > とも子助産院とは > 基本理念

基本理念

  • 家族の事情にあわせたオーダーメイドのあたたかなお産を目指します。
  • 医療機関や地域との連携をはかり、安全確保に努めます。
  • 健康で楽しい母乳育児を支援します。
  • 新しい知識技術の習得のため、自己研鑚に努めます。
  • 研修生を受け入れ、後進の育成に努めます。

とも子助産院 スタッフ一同

助産方針

 妊婦健診で、ママと赤ちゃんに異常なく過ごせた方は、助産院でお産ができます。
日本助産師会の助産業務ガイドラインを遵守し、助産に当たっています。
状況により病院での出産をお勧めすることもあります。自宅出産は行っていません。
 経過が順調であれば早期退院と家庭訪問での産後ケアも、行っています。

お母さんと赤ちゃんの安全が第1。

 家庭的な雰囲気でゆったり過ごして欲しいと考えています。分娩台を使用しないフリースタイル出産です。産婦さんが、望む方ならどなたでも立会いできます。
異常発生時は速やかに医療機関へ搬送します。

 当助産院の助産師は、公益社団法人 日本助産師会の会員であり、お産のときは、2人以上のスタッフでお世話できるように、助産師の待機態勢を整えています。
 当助産院は、「産科医療補償制度」の加入施設です。 

母乳育児を支援しています。

 楽しく健康な母乳育児を目指します。母乳を基本としますが、ママや赤ちゃんの様子によって必要な場合は、ミルクを足すこともあります。当助産院でお産したママは、産後一か月目までは、無料で何度でも母乳外来を利用できます。ママが自信をもって、育児ができるまで、サポートします。

家族丸ごとのケアをめざします。

 上のお子さんや、パートナーなど、ご家族も一緒に宿泊できます。家族の事情にできるだけ応じます。新しい家族の出発を、みんなで迎えてほしいと思っています。

分娩をお受けできない方 ※詳細はお問い合わせください。

  • 合併症のある方
    (帝王切開の既往・感染症・精神科疾患・肥満・痩せすぎを含む)
  • 30週以降の初診・転院。
    (里帰りの場合も、初期に一度診察においで下さい)
  • 医師の診察を受けていない方。緊急時の医療処置や病院への搬送を受け入れられない方。
  • 妊娠経過中に、医師との相談により病院出産の方が安全と判断された場合。
    (妊娠高血圧症候群・貧血・逆子・早産・過期妊娠・その他)
  • 家族が助産院出産を反対しているとき。
  • タバコを吸っている妊婦さん。
    低体重児と流早産が多くなります。出来る限り家族みんなで禁煙しましょう。
    当助産院は、敷地内禁煙です。
  • その他、病院出産がふさわしいと医師または助産師が判断した場合。

参考リンク(リボーンのHPへリンクしています。)

ページトップ