トップページ > 毛糸のおっぱいプロジェクト

ブログ 毛糸のおっぱいプロジェクトカテゴリー

あむあむちゃんin神戸

先週、あむあむちゃんと共に、第42回母乳育児支援学習会in神戸に参加してきました。

母乳育児支援に携わっている医療関係者が全国から神戸に集まり、母乳育児の最新の知識を学びました。

学習会の合間に、毛糸のおっぱいプロジェクトの商品の販売をさせていただきました。

ストラップが大人気であっという間に完売!(今回、購入できなかった方はぜひネット販売もご活用ください)

みなさんにたくさん手にとっていただき、とても嬉しかったです。

感謝いたします。

今後とも毛糸のおっぱいプロジェクトをよろしくお願いします。

 

 

記:浦場


あむあむおっぴ新ちらし

助産院が事務局となっている「毛糸のおっぱいプロジェクト」の新しいちらしができました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

PDFはこちら


4月14日(金)大洪水・北インドの母子の話とラフターヨガ

 4月14日(金)14:00~  イズミティ21 会議室

助産学校のクラスメイト、三浦孝子助産師が、仙台で公演をします。みなさん、聴きにきてください。無料です。

ラフターヨガ(笑いヨガ)体験も。赤ちゃん連れOKです。

 

三浦助産師が理事長をつとめるNPOが、インドの母子を支援しています。

あまり報道されませんでしたが、北インドで大洪水がありました。

洪水と聞くと心ざわざわします。

少しでも、つながることができたら・・・と思います。

(伊藤朋子@とも子助産院)

 

 201704 北インド 仙台報告会 チラシ 160219 印刷用PDF

 

申し込みは こちらの申し込みフォームへよりどうぞ。

主催:特定非営利活動法人アーシャ=アジアの農民と歩む会 
協力:とも子助産院

後援:JICA筑波、特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター

 

( IBLCE L-CERPs 1単位 )

「北インド大洪水から母と子どもを守るために」

~農村保健ボランティアによる緊急支援活動報告~

日 時:2017年 4月14日(金)14:00~16:30(開場13:30)

第一部 報告会「北インド大洪水から子どもたちを守るために」

第二部 お茶しながら交流タイム・ミニラフターヨガ体験あります~

会 場:泉文化創造センター(イズミティ21)会議室 ☆ 参加費:無料 ☆
    (宮城県仙台市泉区泉中央2-18-1 ℡ 022-375-3101)

定 員:60名(赤ちゃん、お子さまも、どうぞご一緒に!!)

 

村の女性が育てたオーガニックモリンガパウダー入りマフィンに
チャイやショウガ紅茶などご用意して皆様をお待ちしております!

●報告会へのお申し込みはQRコードが便利です!

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e2c265cb495506

 

特定非営利活動法人アーシャ=アジアの農民と歩む会 
栃木県那須塩原市槻沢83-17 
TEL/FAX:0287-47-784
MAIL:info.jp@ashaasia.org

 

 


毛糸のおっぱいプロジェクト価格改定と新HPのお知らせ

日頃より毛糸のおっぱいプロジェクトご支援賜りありがとうございます。

4月1日より下記のとおり価格改定させていただきます。

ホームページもリニューアルいたしました。

http://www.tomo-j.jp/keitonooppai/

クレジットカード払いができるサイトも新設しましたのでぜひご利用ください。

https://keitonoopp.official.ec/

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(毛糸のおっぱいプロジェクト 石澤)

 


卒乳・断乳と、助産師のケア

 断乳・卒乳の相談が増えてきました。 年が明けると、保育園が決まって、そろそろママたちは復職の用意に思いをはせるころだからでしょうか?

 とも子助産院の断乳や卒乳に対する考え方・ケアについて紹介します。古くから日本の産婆さんはお母さんの乳房をマッサージしてお母さんたちを讃え癒すケアをしてきた伝統があります。外国の助産師にはない役割で、素晴らしことと思います。ただし、医学的根拠のない古来の慣習がネットやウワサ話にのって広まって、どうしたらいいのか不安に思うお母さんも多いのも、事実。よくある質問シリーズをまとめてみました。参考にしてください。

≪母乳相談:断乳あるある・・≫

Q1:卒乳・断乳後のオッパイマッサージしてくれますか?

A1:乳房のマッサージが必要な状態のママには行っています。でも、セルフケアだけで済む方も多いです。日常生活に支障あるほどの痛みや張りがある…というのでなければ、あなたの断乳・卒乳はうまくいっているのだと思います。母乳育児、よく頑張りましたね。お疲れ様でした。

 母乳をお子さんに飲ませるのをやめたのに、母乳の分泌量が減らず、しこりになってしまいセルフケアできないような場合に、助産師が搾乳をお手伝いしています。母乳をやめたすべてのお母さんに、断乳ケアが必要というわけではありません。数日間授乳をやめると、乳房が張りますがピークを過ぎたころに、自分で搾乳していただいています。張りがきつくて数日間も、ためたままにはできないという方は、苦しいときに少しずつ搾乳しながら、だんだんフェイドアウトしていくやり方でお乳を止めるのもアリだと思います。自己搾乳が苦手だったり、たまった母乳が取り切れなくて気になるときは、ケアにおいでいただいています。

Q2,残乳処理をしないと乳がんになると聞いたことがあります。

A2,迷信です。母乳がたまってできているしこりは、乳がんとは別なものです。母乳をあげた女性のほうが、乳がんの発生率が少ないといわれています。身体をめぐる血液は、母乳の材料として栄養も運びますが、飲まれずに乳房に残っている母乳を血管を通して運び去って、おしっこやウンチとして排泄していく役割もはたしています。

気になるしこりがあるときは、乳腺外科の受診をおすすめしています。

また、30代~乳がんの発生は増えてきます。授乳・断乳とは関係なく、乳房のセルチェックと病院での定期健診は大切です。

 

Q3,母乳を絞り切って空にしないと、次の子のときに母乳が出にくいといわれたことがあります。

A3,それも迷信。乳腺はカルシウムの沈着を起こすことのある組織です。もしマンモグラフィーなどでカルシウム沈着によるしこりや影が見つかっても「前の子の時の母乳が残っている。」というものでもないそうです。そういう所見は授乳経験がなくてもみられるものです。

 母乳を飲ませるのをやめてから、数週間~数か月は、ふとしたきっかけでお乳がつんとしてきたり、お風呂で温まると母乳がタラりと出たりすることがあるものです。産後1年以上経過しているママの場合、母乳をやめて日常生活に支障をきたすほど、乳房が張ってしまったり、乳腺炎になって熱が出たり・・・というlことは、めったにありません。産後の早い時期に乳腺炎や母乳のうっ滞で悩まされたママは、お子さんに飲ませなくなったら、どんなに大変なことになるのか!と心配されていることがありますが、離乳食が進んで母乳以外の食事ができるようになっているお子さんの場合は、授乳回数が減っていますから、あまり乳房トラブルの心配がいらないことが多いです。でも夜間の授乳を何度もしている方が、急にやめる場合は少し乳房の張りが強く出ることがあるように思います。

 

Q4, なにを食べたらいいのでしょう?

A4,授乳中も断乳中も、普通の食事でよいですよ。母乳によい食事とか、乳質が悪くなる?とか、まことしやかな言い伝えを聞きますが、医学的な根拠はありません。日本人が日本の伝統食を大切に思うのはいいことですが、こだわり過ぎることはありません。とも子助産院では、アルコールとタバコ以外は、すべてOKとしています。いろんなメニューを楽しんでいただいています。ママがホッと幸せになる食事をしてください。ケーキも、あんこも、餅も、とんかつもチョコレートも、カレーもキムチも、適量どうぞ召し上がってくださいな。何事も大事なのはバランス。一つのものを取りずぎることなく、おいしく楽しく召し上がってください。

 ただし授乳中は、おっぱいを上げるだけで1日600カロリー程度消費されています。授乳をやめても同じ量を食べていては、太ってしまうかも・・。極端な制限は不要です。

 

Q5, 哺乳瓶の練習したいのに、飲まないんです~。

A5、練習はいらないと思います。練習しなくても、必要になったら哺乳瓶もできるようになる・・・。赤ちゃんは賢いです。

「預けるときに母乳だけだと大変だから・・・。」と、ずーっと先の保育園のための練習にと、ママが哺乳瓶の練習をしようとミルクをあげても、お子さんが受け入れてくれずに困っている・・という話をよく聞きます。母乳のいい匂いがプンプンのママが哺乳瓶を持っても成功しないことがよくあります。「ママいない時は哺乳瓶、ママはおっぱいがある人。」と、お子さんもだんだんわかってきます。慌てなくてもよいのでは?そのうちコップやストローも使えるようなります。あまりはやいうちから哺乳瓶をあげると、乳頭混乱を起こして、今度はお母さんのお乳を嫌がるお子さんが出てきます。直接授乳できる環境のときは、直接乳房から飲ませるのが、よいのではないでしょうか?

 

Q6, いつまで飲ませるのがいいんでしょう?

A6, 赤ちゃんとママが相談して決めてください。

 次のお子さんが早くほしいので不妊治療をはじめたい・・・というようなケースは、早めの断乳も仕方がないのかなあと思いますが、ママも赤ちゃんも相思相愛で快適に母乳育児できているなら続けたらいいでしょう。どんなに長くのんだって、お子さんに恋人ができるまえには離れていく。どちらかが、やめたくなったら、やめ時なのでしょう。離れたくなるのが、ママの事情かお子さんの成長か、それはそのカップルごとに事情が違います。他の誰かが決めることではありません。

 金のリボン運動「適切な補完食(離乳食)をあげながら少なくとも2歳までは母乳を上げよう。」という考えもあります。とも子助産院は、この考えに賛同しています。

 でも、母乳育児が長いから偉い、早くやめたから悪い・・・というものでなく、母乳は、子育ての沢山の要因のなかの一つのことであり、だきしめられ、安心しながら育つなら、何を飲んで育っても、その子は幸せな人生のスタートを切っていると思います。

 たくさん読んでくださり、ありがとうございました。

母乳の話とお産の話は、いくら書いてもしゃべっても終わりになりません。今日はこの辺で。(^^)/

 

すみませんが、メール相談はしていません。 悩んだ時には、助産院に電話で、ご相談ください。お待ちしております。 

 


ページトップ