毛糸のおっぱいプロジェクト 東日本大震災 被災女性支援
 被災高齢者の生きがいと仕事つくりを目的に、
子育て中のママや助産師有志によるこのプロジェクトが始まりました。

「あむあむおっぴ」は、気仙沼で編まれ、
石巻で被災された女性によってタグ付け・パッケージされています。

「おっぴさん」「ぴぴちゃん」「おっぴさま」・・・
宮城では、ひい婆様、ひい爺様を、尊敬と親しみをこめて方言でこう呼びます。

「あむあむおっぴ」は、編み物をするおばあちゃま達と、おっきなお口をあけて
「あむあむ」とおっぱいに吸付く赤ちゃんたちをイメージして名付けました。

おっぱいは、命の原点です。そこにあるだけでホッとします。
母乳は、災害時に何より便利な非常食でもありました。

大事なものを一気に失ってしまった女性たちが、少しでも元気になれますように。
母乳育児の大事さが広まって、おっぱい育児が楽しくできる母と子が増えますように。

それが、毛糸のおっぱいプロジェクトの願いです。


      head_syurui

head_konnahuuni
photo02 妊婦さん自ら毛糸のおっぱいを使って授乳の練習
photo03 助産師が乳房の含ませ方を模型を使って見本を見せます。


head_kounyu

  • 注文個数にかかわらず、1回のご注文につき梱包発送手数料として
    500円(全国一律)」を申し受けます。
  • お支払は現金振替を原則としておりますが、銀行振り込みにも応じます。ご注文の際に、メッセージ欄にご希望をご記入ください。
  • 「郵便振替用紙」を同封します。
    到着後1週間以内のお支払をお願いします。
  • FAXでのご注文も承ります。下記から「FAX用 見積請求用紙」をダウンロートし、お使いください。
    FAX用 見積請求用紙(PDF形式)
    FAX用 見積請求用紙(word形式)
  • 領収書の発行は送料・事務手数料として150円加算させていただきます。
  • 1週間以内の発送を心掛けておりますが、
    在庫状況によってはお待たせする場合もございます。

    お急ぎの場合は、注文フォームの備考欄へご記載いただくか、事務局へ直接お電話ください。
  • 発送までに1週間以上かかる場合は、こちらよりご連絡いたします。
  • ケイタイやスマホからご注文いただいた場合、
    毛糸のおっぱいプロジェクトからのメールが受信できないことがあります。

    注文をお受けした際、自動返信メールをお送りしています。
    自動返信メールを受信できなかった方は、当方のメールを受信できない設定になっていると思われます。
    注文フォームには、連絡のつきやすい電話番号の入力をお願いします。
  • 毛糸のおっぱいプロジェクトには、編み手さん以外に専従の職員がおりません。一切の事業は、ボランティア活動として、メンバーの本業との兼任で行っております。
    お待たせする場合もありますので、どうかご了承くださいませ。






  oppi01


oppi02


 oppi02


oppi03


oppi02


 

head_toiawase

毛糸のおっぱいプロジェクト
      事務局 とも子助産院
〒981-3124
 宮城県仙台市泉区野村字野村95-6

TEL:022-772-5960
FAX:022-774-1604
oppi@tomo-j.jp