search

トップページ > 分娩予約から出産まで

分娩予約から出産まで

見学日を予約してください

電話か予約フォームより、「助産院見学」をご予約ください。

電話:022-772-5960

以下の方は、病院出産をお勧めしています。

  • 帝王切開・子宮筋腫など子宮の手術を受けたことのある方
  • 以前の出産で1000ml以上の出血があった方
  • 喘息のある方
  • 35歳以上の初産婦さん
  • 精神科を含む持病のある方・・など

arrow03

chart02

2人目以降の方は上のお子さんの母子手帳をお持ちください。 出産についてのご希望をお伺いし、助産院のお産について説明します。 ご都合がよろしければ、ご家族も一緒においでください。

*助産院で「健診連絡ノート」をお渡しします。

健診連絡ノート

arrow03

分娩予定日の確定

*妊娠の診断は、お近くの産婦人科か、嘱託医でお受けください。
*母子健康手帳の交付を受けてください。

arrow03

仮予約

ご家族で検討し、電話で、助産院へ分娩の仮予約を入れてください。

初回の嘱託医の受診は、助産院から連絡し予約を入れます。

arrow03

chart04

嘱託医受診

12週:妊婦健診の初期検査
14週:検査結果の説明
助産院のカルテ作成

arrow03

本予約

16週:助産院での妊婦健診開始

  • 宮城県内の健診助成券が使えます。
  • 県外在住の方は、償還払いの対象です。

妊婦健診の流れ

妊婦健診の流れ

arrow03

chart05

5泊6日の入院を基本としておりますが、赤ちゃんとお母さんの体調や家庭事情などにより、ご希望に応じます。

費用は、経産婦さんで5泊6日の場合、産婦さんの自己負担は15万円程度です。
(出産育児一時金直接支払い制度使用・産科保障制度登録料・産後健診料を含みます。)

補足

  • 逆子・予定日超過など、医師管理が必要で助産院出産ができなくなった場合は、東北大学病院へ転院となります。
  • 病院退院後、産後ケアなどで、助産院を利用することが可能です。
  • お子さんや家族の同伴入院・立ち合い出産などは、感染症が疑われるときや、流行が激しい時など、状況によりお受けできないこともあります。

詳しくは、お問い合わせください。

ページトップ