検索

トップページ > 助産院の近況

ブログ 助産院の近況カテゴリー

きょう どこかの誰かを思う

「きょう どこかの誰かを思うPart2」 In 秋保 藁の家
に、参加してきました。
原田助産師と母と伊藤の3人で秋保の奥へのドライブを楽しみました。
偶然にも助産院関連のママ達が集結。アンテナの高い人達だなあと感心。
さすが、Au、携帯のアンテナはばっちり3本。
お産の連絡が入り、最後まではいられませんでしたが、堪能しました。
冨田江里子さんは、フィリピンで助産師として地元の人々の命を守っている人。
毎月の助産雑誌が届くと富田さんの漫画入りの掲載を、真っ先に開いている伊藤としては、
去年のエルパーク仙台での講演には参加できず、いつかおはなしを聞きたいと思っていたので、
願いがかない、うれしかった。
フィリピンの貧しい人達のためのバルナバマタニティーセンター
会場で配られたネッスルの粉ミルクのパッケージが痛々しかった。
ネッスルは、日本でこそ人工乳の販売を行っていませんが、世界的な人工乳販売商社。
「脳を育てるDHA配合・健康保健省認定」みたいな表示。
昭和30~40年代、日本の母子手帳にも乳業会社の広告が印刷されていた時代がありました。
最近になってWHOコードにやっと批准した日本ですが、同じ悲劇を繰り返している。
フィリピンの母乳率は13%程度とのこと。
衛生状態が悪く、ミルクを買い続ける経済力の伴わない親たちへ、えげつない売り込みで母乳育児の妨害をすることは、日本のような国での企業宣伝とは、また違ったレベルで罪が重い。
最近の日本では、紙おむつのCMは盛んですが、人工乳や哺乳瓶のCMをテレビで見ませんよね。
一応、規制は守られているのです。(ほかの媒体での、はなやかな広告は、相変わらずですが・・・)
人工乳はなくてはならないものだし、どんどんよくなって欲しい。
でも、本当は必要のなかった人達には売らないで欲しいな。
自分がされたくないことは、人にしない・・・そんなことが当たり前になったらいいのにね。


野村野鳥の会

隣の田んぼにカモ7羽飛来。診察室から、しばしバードウォッチング。のどかです。
遠くにみえる、白いドームはシェルコム仙台です。
 
 
今日のツバメのご夫婦。強風にも負けず、せっせと巣つくり。

保護色になって、見えにくいですが、こちらは、小鳥のフラワーピック。
 野鳥を眺めて、時々、はたらく・・・。さあ、赤ちゃんを沐浴しようか。


子供の日の助産院

  
助産院の玄関にツバメのカップルがやってきました。
赤いほっぺの燕尾服の2羽は、しばらく、騒々しく物件検討をしておりましたが、
愛の巣は外に築いていただくことにいたしました。
助産院の隣の田んぼで、田植えが始まりました。
のどかな日本のこどもの日です。
こいのぼりが、あったら、完璧なんだけど。
電線がなあ・・。
 
ほどよい、ぽかぽか陽気で、赤ちゃんも、黄疸予防の日光浴。
  
姫リンゴの花が咲きました。
アネモネとビオラは、そろそろ終わりでしょうか。
家事チーフの山田さんと母が、咲き終ったチューリップにさよならして、
夏の花壇にむけての支度をしてくれました。
このチューリップは、去年の秋に職場体験で来てくれた中学生たちが植えてくれたものです。
さあ、今度は何を植えましょうか。


300人目の赤ちゃん

5月1日の早朝、とも子助産院の300人目の赤ちゃんが生まれました!
元気でかわいい女の子です。
2000年5月に開業して、満7年。8年目に突入です。
みなさんのおかげで、今日まで続いてきました。感慨深いです。感謝します。


新聞に記事掲載

 
河北新報の4月16日朝刊に記事が載りました。
何度も熱心に取材に来てくださり、記者さんたちのプロとしての仕事ぶりに関心しました。
産科の危機は、医療職だけで解決できる問題ではありません。
多くのお母さんたち・医療消費者の皆さんがいっしょに考えてくれるきっかけになったらいいなあと思います。
記事の内容は、こちらから。


ページトップ