検索

トップページ > おしらせ

ブログ おしらせカテゴリー

産前産後ヨガは、いかがですか?

産前産後ヨガのおさそい。

妊婦さんと、産後のママが、対象です。

申し込みフォーム

サークルスケジュールは、こちら

マタニティーのみなさん、安産目指してヨガをどうぞ。

産後のママたち、どうぞ赤ちゃんも一緒に参加してください。

お連れいただいてOKなのは、生後6週目から5か月くらいまでの、ねんね期のベビーちゃん達です。ハイハイできるようになってからのお子さんは、すみませんが入室できません。

開催の様子は、とも子助産院ブログ「ヨガクラス」カテゴリのページへ。

インストラクター 佐藤千恵子 のブログは、こちら


子連れママ合唱部 うた仲間募集

とも子助産院の歌の会。メンバー絶賛募集中です♪

水曜日は、産休~育休中のママたち・主婦たち、

土曜日の夜は、主婦&ワーキングママたちが多いです。

赤ちゃん~中学生も来て、自由に遊んでいます。

映画音楽やジブリミュージックなど、楽しく歌っています。

女性ならどなたでも参加できます。

お待ちしております。

 

 


2018年 ニュースレター

 

2018年ニュースレターPDF


河北新報こども新聞で紹介されました

2017年9月15日の河北新報こども新聞で紹介されました。

 

 取材を受けた赤ちゃんも、ちょっと微笑んでいるようで、うまれたての赤ちゃんのかわいらしさが伝わる写真です。

 「お仕事で大事な道具は?」と質問されたので、助産院らしくないかもしれないけれど、「分娩監視装置!」と答えました。ひと昔前は、「産婦さんにつけっぱなし、ほったらかし手抜きのためのキカイ!」と自然派助産師・産婦に毛嫌いされた時期もあったけど、今となってはなくてはならないお産の道具。おなかの赤ちゃんの声を聴く大事な道具で、約30年前の新人のころ勤務していた秋田の助産院にも分娩監視装置はあったし、なじみ深い相棒です。

  キカイもつかうけれど、目と耳と手で、母児の様子を感じながら、産婦さんに助産師が、ず~~っと、はりついていることこそ一番の分娩監視です。

 日本で出産を扱う助産院は、ずいぶんすくなくなりました。

 志を同じくする助産師たちといっしょに、助産師らしい仕事のできる場所を守っていきたいと、改めて思っています。

 伊藤朋子

かほピョンプレスのサイト 

20171015河北こども新聞 PDF

 


とも子助産院TV:YouTube

ユーチューブ:とも子助産院TV をはじめました。(^O^)/

チャンネル登録をお願いします。

 

「助産院のインターホン、初めてのときは、ピンポンするまで、ちょっと勇気がいるんだ~。」という声を聞いて、ご案内動画をつくってみました。(伊藤朋子)

 

とも子助産院 〒981-3124 仙台市泉区野村字野村95-6

https://www.youtube.com/channel/UCTZhklsE9TylEFmm4IIwq0Q

 


ページトップ