search

トップページ > 毛糸のおっぱいプロジェクト

ブログ 毛糸のおっぱいプロジェクトカテゴリー

毛糸をありがとうございます

毛糸のおっぱいプロジェクトの毛糸募集が、河北新報に掲載されました。

それをみた方たちが、大事な思い出の毛糸をお手紙と共に、送って来て下さいます。

実行委員長の北原さんと共に、毛糸を仕分け、お礼の電話をし、お手紙を書きました。

ご自身も被災されて、避難中の方も多く、「津波で家は浸水したけど、毛糸は水にぬれなかったから、使ってください。」といってくださったり・・・。

編みかけのセーターや、きれいに解いた古い毛糸…どれもこれもいとおしいです。

洗って蒸気をあてればきれになるはずです。これまでに購入している新品の毛糸たちと、とりあわせて、大事に使わせていただきます。

毛糸のおっぱい「あむあむおっぴ」に使えないものは、ジョネットの手仕事サロンで使わせていただいています。

かわいいモチーフや小物に生まれ変わって、仮設住宅の女性たちと穏やかな時間を過ごすと思います。

送ってくださった皆様、本当にありがとうございます。

引きつづき、募集しておりますので、宜しくお願いします。


新生児健診・オッピ取材

今日は、田澤先生の新生児健診の日でした。

いつも穏やかで上品に優しい田澤先生。

どういう風に育ったら、あういう女性になれるんしょうね~~。

その後スタッフは、「どうぞお先に、いえいえ、どうぞ~~。」と譲り合いながら、

恒例のインフルエンザ予防接種会。

「後でも、先でも同じですよ~。」と先生は苦笑い・・(^_^;)

新作オッピが入荷して、タグ付けラッピング作業をしました。

いろんな色があるので、楽しいです。

河北新報の取材も入りました。

そのうち記事になるかもしれません。


おっぴ入荷!


oppi梱包中

助産院へ実習にいらしていた看護学生さんの手をかりて、毛糸のおっぱい「あむあむおっぴ」のラッピングと発送作業をしました。

毛糸のおっぱいを買って下さった方が、編み手さんへメッセージを送っていただけるように、一個一個にナンバリングをして、ハガキを封入しました。

人海戦術で、あっという間に100個できあがり!

お手伝いいただいた学生さんたち、ありがとう~~~。感謝します。

このオッピは、どなたの手に渡るのかな?

赤ちゃんたちが、幸せにおっぱいを飲めるようになる手助けになりますように。

被災された編み手さんたちが、温かく冬を迎えられますように。


ジョネットサロン多賀城の仮設集会所にて

なにより、赤ちゃんだっこが好評。

手から手へ、沢山の方にだっこしていだたきました。


ページトップ