search

トップページ > 産後ケア

ブログ 産後ケアカテゴリー

6月2日助産師のためのメンタルへルス研修会 受講者募集

周産期メンタルヘルスに取り組んでおられる支援者の皆様へ

研修会のご案内です。

開発した教材評価のための研究に協力するもので、無料研修会が受講できます。

助産師のための・・というタイトルですが、助産師限定ではないようです。

詳しくは、チラシをご覧ください。

6月2日助産師のためのメンタルへルス研修会 受講者募集

印刷用チラシ PDF

仙台研修.研修会ポスター・申込書.QR付.

日 時:2019年6月2日(日)9:30~17:15 (受付9:00~)

場所:仙台赤門短期大学

(宮城県仙台市青葉区荒巻6-41 宮城県仙台市青葉区荒巻6-41 )
※地下鉄東西線青葉山駅徒歩 15 分、駐車場有 分、駐車場有

参加対象者:助産師および周期ケアに携わる看護、保健の皆様で同じ動画を視聴したこ  とがない方

募集人数:先着100名

受講費 :無料

申し込み〆切:2019年5月29日(水)

住所・お名前・E-mailアドレスをを E-mailにて 下記事務局まで。
詳細を載したご 説明書・同意を郵送いたします。
研修会当日にご提出ください。

事務局連絡先: 研究代表者 篠原枝里子(東京医療保健大学が丘立川看護部 助教)

申し込み先:mentalhealth@gmail.com 

 

 

 


外来料金改定のおしらせ(2019年5月より)

 2019年5月より、下記のように外来料金を改定いたします。

 

母乳ケア:初診 6000円

     再診 4000円

 

産後デイサービス 12000円

 

 仙台市の産後ケア事業対象の方は、

 産後デイサービス 3500円/回

 産後入院 6000円/日

 

このほかの料金、詳細については、こちらをご覧ください。


仙台市の産後ケア事業、ご利用がはじまっています。

 仙台市の産後ケア事業が、今月からはじまり、3人目の利用者さんです。

3か月の元気なお子さんです。エネルギー満タンで、ぱたぱた、きょろきょろ、とっても、かわいい。

 ママの休養も必要・・といことで、助産院スタッフが兵児帯でおんぶして、ちょっとお預かり。

 

 この日のランチは、チキンの大根おろしとネギ煮込みが、メイン。

 

 お風呂を一緒に、いれました。

 ママは、新生児のときとは違ってきたお子さんの様子にちょっと戸惑いがあり、助産師にいっぱい質問を投げかけていました。素朴な疑問が解決されて、にっこり。身近に相談する人がいないママは多いですよね。検索しても、ネットではよくわからない・・。

助産院を、気軽に利用して気分転換と休養をとってほしいなあと思います。

 とも子助産院では、開業以来ず~っと行ってきた産後ケアですが、仙台市の事業となって、助成が出てママ達の経済的負担がすこし軽くなりました。はじまったばかりのため、書類や手続きをおっくうに感じます。助成があるのは、ありがたいのですが、利用したいな~と思ったときに、さっと使える制度になるといいのに・・と思います。疲れたママにとって、小さなお子さんを連れて、役所へ申請と面接に行くのは、とても大変なことです。

 9時チェックイン、15時チェックアウトの6時間滞在+ランチ付きで、仙台市在住のママの負担額は3500円。

  • 4か月未満児が対象です。
  • 妊娠32週から登録できます。(利用決定は誕生後〉
  • そのほかにも利用条件があります。

 制度について詳しくお知りになりたい方は、仙台市のサイトをご覧ください。

 他の市町村でも早く始まりますように。

 


ページトップ