search

トップページ > ブログ一覧

ブログ

仙台市の産後ケア事業、ご利用がはじまっています。

 仙台市の産後ケア事業が、今月からはじまり、3人目の利用者さんです。

3か月の元気なお子さんです。エネルギー満タンで、ぱたぱた、きょろきょろ、とっても、かわいい。

 ママの休養も必要・・といことで、助産院スタッフが兵児帯でおんぶして、ちょっとお預かり。

 

 この日のランチは、チキンの大根おろしとネギ煮込みが、メイン。

 

 お風呂を一緒に、いれました。

 ママは、新生児のときとは違ってきたお子さんの様子にちょっと戸惑いがあり、助産師にいっぱい質問を投げかけていました。素朴な疑問が解決されて、にっこり。身近に相談する人がいないママは多いですよね。検索しても、ネットではよくわからない・・。

助産院を、気軽に利用して気分転換と休養をとってほしいなあと思います。

 とも子助産院では、開業以来ず~っと行ってきた産後ケアですが、仙台市の事業となって、助成が出てママ達の経済的負担がすこし軽くなりました。はじまったばかりのため、書類や手続きをおっくうに感じます。助成があるのは、ありがたいのですが、利用したいな~と思ったときに、さっと使える制度になるといいのに・・と思います。疲れたママにとって、小さなお子さんを連れて、役所へ申請と面接に行くのは、とても大変なことです。

 9時チェックイン、15時チェックアウトの6時間滞在+ランチ付きで、仙台市在住のママの負担額は3500円。

  • 4か月未満児が対象です。
  • 妊娠32週から登録できます。(利用決定は誕生後〉
  • そのほかにも利用条件があります。

 制度について詳しくお知りになりたい方は、仙台市のサイトをご覧ください。

 他の市町村でも早く始まりますように。

 


玄米ご飯 みやぎ米「金のいぶき」

助産院でお産なさったママが、「実家でつくってるの~。食べてみて~。」と、くださいました。玄米、炊くのがたいへんだ~とおもったけれど、それが全く楽々。簡単に、おいしくできました。みやぎ米「金のいぶき」です。

白米:金のいぶきを、1:1で普通に研いで普通に炊飯器で炊きました。

ぷちぷちしてて、風味があって、とってもおいしくモチモチと炊けました。

いつもの、とも子助産院のごはんは、「登米の特別栽培 ひとめぼれ」です。いい香りのおいしいお米です。たま~に玄米を圧力釜で炊いたり、時々、モチ麦や、雑穀を入れたり、伊藤の気に入っている「サプリ米」を入れて炊いたりしています。

金のいぶき

初めていただきました。感動。

おススメです。(伊藤)

 

 


助産院ごはん  1月その3

インフルエンザが猛威をふるっていますね。我が家も例年以上に手洗い・除菌・休息・バランスのとれた食事を徹底しています!

では、菌も吹き飛ばす、おいしい助産院ごはんを紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記:庄子(聡)


金柑シロップ

     

宮崎から、里帰りしてきたママに金柑をたくさんいただきました。

なんとお庭に金柑の木があるんだそうです。うらやましい。

子供たちは、のびのび大きくなっていて、これから仲間と蔵王の雪を楽しみに行くんだそうです。すてきです。

そのまま食べても甘くておいしかったのですが、ハチミツをかけてチンしてから紅茶にしてみました。

今年は、風邪ひかない気がする・・。

 


助産院ごはん  1月その2

先日、昨年仕込んだ、我が家の手作り味噌ができあがりました。寒いこの季節は、具だくさんの味噌汁に、酒粕を少し入れて頂くのが好きです。体も温まり、味もまろやかになり美味しいですよ。

では、助産院ごはんを紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記:庄子(聡)


ページトップ