search

トップページ > お産

ブログ お産カテゴリー

分娩制限期間について

 当助産院では、来年の5月15日~6月20日までの予定日の方の分娩予約を、受けていません。

 いま、ちょうどそのあたりの妊婦さんからお問い合わせが入っているところです。

「え~、何で~???」とがっかりされたり、「困ったな~」と言われたり、本当に申し訳なく、

前回、当助産院でお産したリピーターさんたちから、のお問い合わせには、なおさら辛い思いで、ほかの産院を紹介などしています。。

 実に、わかりにくい話とは、思いますが・・・、

助産院を留守にするのは、たった3日なんです。ず~っと休むわけではありません。

5月26日~29日。福井に行きます。仙台から片道7時間かかります。

でも、その3日間にお産になる可能性のある予定日の方たちは、前後含み5週間の範囲なのです。

この5週間も外来や入院は、通常通り行います。

分娩制限期間(PDF)

 旅館やホテルのように、宿泊日を決められたら、こんなことにはならないのだけど、なにしろお産は不確実。

陣痛がいつ始まるかなんて、誰にもわかりません。

「助産院で産みたい!」と、お問い合わせいただくたびに、心が揺れるし、申し訳なく思います。

仙台には、森のおひさま助産院もあるし、「無医村じゃないんだから休むと決めたら、休もう!」と自分に言い聞かせています。

 いつの日か、夜勤もできる助産師スタッフが増えて、伊藤が数日いない日に、お産が重なっても平気になったら、分娩制限なんかしないで、「おめでとう!いつでもいらっしゃい。」と言えるようになると思います。24時間、365日、隙間なく待機するのは、とても大変なことなのです。ご理解ください。

でも現状では、赤ちゃんとママのためにも、無理しないのが、一番だなあと思っています。

 6月20日以降予定のママたち(最終月経開始日9月14日以降の方々)、お待ちしています。

もりもり働きます!


500人目の赤ちゃんが生まれました

とも子助産院、500人目に誕生した赤ちゃんは、5人兄弟の末っ子男の子でした。
まだまだいけそうな、若いカップルです。
500人目を狙っていたママは、沢山いたのですが、ニアピン賞に、悔しがっておりました、
記念品は、恒例の家族アルバム。元気に育つのだそ。
隣の田んぼで、白鳥の声が聞こえます。
北帰行が始まりそうです。
春もまじかですね。


分娩イス

助産院のスタッフたちがが、木工所にオーダーして、オリジナルの分娩イスを作ってくれました。
陣痛を逃すとき、「トイレの便座が一番楽なの・・・」とトイレにおこもりする産婦さんが、よくいます。

当助産院のフリースタイル出産では、赤ちゃんを産みだす瞬間は、お布団で横向き・よつばい・しゃがみ姿勢・あおむけ・立った姿勢・・の順で産婦さんに選ばれています。
10数年前に、イギリスでプラスチック製の分娩イスを見たことがあり、「それが、ほしいほしいと・・。」と、つぶやき続けていたら、スタッフたちが、知恵とお金と時間を出しあって、重厚なイスを作ってプレゼントしてくれました。これなら、産婦さんたちが、100万馬力で踏ん張ってもビクともしなさそう・・。
実際のお産の時は、滅菌の吸水シートを敷いて使うことになると思います。
まだ赤ちゃんが生まれるのに間があるときなら、イスの上に座布団を重ねて座るのもいい気持ち。腰に痛みを感じる産婦さんを、さすってあげるのに、ちょうどよさそうです。
変わるがわる、座ってみては、「ああ、落ち着く・・。」「出そう。」「力入るね~。」と感想を述べ合う助産師たち。
みんなでラベンダー入りのオーガニックのミツロウワックスを塗りこみました。
ツヤツヤしっとりしています。
さあ、使用第1号になる産婦さんは、誰でしょうか・・?
お待ちしていま~す。


初産婦さんの里帰り出産

ピンポ~ン!
 「ちょっと聞きたいんですけど・・。」
ちょっと、うれしそうな、奥様のお顔がアップで、玄関にモニターに。
 「妊婦さんですか?」とうかがうと、
 「あら~!いやだわ~、妊婦は、娘です~。『こっちに帰ってきてお産したいから、予約しておいて。』っていわれたんだけど、どこの婦人科もお産してないっていうし、お宅はどうですか?」
 こんな初産婦さんの里帰り出産の相談が、最近、多くなりました。
予約なく直接来院、しかも、ご本人ではなく、プレ婆・プレ爺たちが、イソイソと事前調査・・・(笑)
 初孫ちゃんを、迎える喜びに満ちて、張り切る先輩お母さんたち。嬉しすぎて5センチくらい、足が地面から浮いているようにも見えます。
 そして、びっくり!産めるところが、本当に少ないっていうこの事実。

(今年、とも子助産院にやってきた燕ご夫妻。)
 申し訳ないのですが、当助産院は、おもに2人目以降のお産をしていて、初産は来年の1月分から予約を取り始めたばかり・・・。しかも初期から当助産院に通院できる方のみ限定。
 そんなわけで、初産の里帰りは、受け付けていないのです。ごめんなさい。
 里帰り出産。日本の古き良き習慣だと思います。
実家に帰って、のんびりゆっくり甘えながら、慣れない育児のスタートを切る・・・。実家の両親は、初孫の誕生を一緒に楽しみ、しばし若き日の自分にタイムスリップ、そしてちょっぴり若返る。娘は親になって知る親のありがたさをかみしめ、またひとつ大人になる。
 ところが、分娩予約がなかなかとれない!
 仙台に、里帰りを予定している、初産婦さん、早めに医療機関の予約をどうぞ。
以下のサイトが参考になります。
 
 仙台市の分娩取扱施設
仙台市で分娩できる施設は、ここに掲載されている19施設のみです。
 初産婦さん、サークルやいろんなクラス・母乳ケアは、助産院でお産予定でなくても参加できます。
どうそ、おいで下さい。そして、2人目を授かったら、また、助産院を思い出して下さいな。
 「初めてのお産・育児は、親の近くでしたいけど、両親とも現役仕事人で、お世話してもらえそうにないんです・・・。」
 そんな方には、助産院への産後入院がおススメです。
病院退院後、助産院でのんびり過ごす・・・。ニュー爺も、ニュー婆も、仕事帰りに毎日、孫ちゃん抱っこし放題。「産後、何を食べさせたら、いいの・・?沐浴は腰が痛いし・・・。私は、ミルクで育てたけど、母乳ってどうやるの?」なんて、心配も無用です。
 仙台には、産後ケア専門の、 こんの助産院 があります。ぜひ、アクセスを。
 産後の元気さは、個人差が大きいです。
海外では、日本のように長い入院をするところは、ほとんどないと聞きます。
元気な産婦さんが、「夫と2人でなんとか、がんばる!」というのも、大いに結構。
仙台市には、 育児ヘルプサービス もあり、そんな家族に好評です。

(見事、立派に6羽を育てあげ、巣立たせ、旅立っていきました。)
 皆様のご安産をお祈りします。そして、安らかな母乳育児のスタートを。
 
 
 


お産リハーサルクラス

 
陣痛には、必ず休憩時間がある。気分を変えて、さあ「ピース!」

リアルお産劇が売り物の、お産リハーサルクラス。
産婦役は、とも子助産院副院長の中村助産師、
パパ役が、原田助産師。
助産師役は、森のおひさま助産院院長 小野由起子助産師
伊藤は、間接介助係をしました。

ハイ、赤ちゃんの頭が出てきました。もうすぐ会えますよ!

おめでとう!がんばったね~。
赤ちゃんを胸に抱いて、産婦さんも助産師もギャラリーもにっこり。
「仰向けで産むと、足元で何してるか、わかんないし、
やっぱり、起きて産んだほうが、自分で産んでるって感じがするねえ。」
と、いまさらながら、産婦役の中村が語っていました。
今回は、帝王切開のときの、母乳や産後の過ごし方も話題になりました。
自然出産でないバーションも、少しは想定しておかないとね。
とにかく、ママと赤ちゃんが元気にお産を終えることが、大前提です。
お産のイメージ作りに役立ってくれるといいなあと思います。
次会は、6月10日の予定です。


ページトップ