search

トップページ > おしらせ

ブログ おしらせカテゴリー

2018年 ニュースレター

 

2018年ニュースレターPDF


河北新報こども新聞で紹介されました

2017年9月15日の河北新報こども新聞で紹介されました。

 

 取材を受けた赤ちゃんも、ちょっと微笑んでいるようで、うまれたての赤ちゃんのかわいらしさが伝わる写真です。

 「お仕事で大事な道具は?」と質問されたので、助産院らしくないかもしれないけれど、「分娩監視装置!」と答えました。ひと昔前は、「産婦さんにつけっぱなし、ほったらかし手抜きのためのキカイ!」と自然派助産師・産婦に毛嫌いされた時期もあったけど、今となってはなくてはならないお産の道具。おなかの赤ちゃんの声を聴く大事な道具で、約30年前の新人のころ勤務していた秋田の助産院にも分娩監視装置はあったし、なじみ深い相棒です。

  キカイもつかうけれど、目と耳と手で、母児の様子を感じながら、産婦さんに助産師が、ず~~っと、はりついていることこそ一番の分娩監視です。

 日本で出産を扱う助産院は、ずいぶんすくなくなりました。

 志を同じくする助産師たちといっしょに、助産師らしい仕事のできる場所を守っていきたいと、改めて思っています。

 伊藤朋子

かほピョンプレスのサイト 

20171015河北こども新聞 PDF

 


とも子助産院TV:YouTube

ユーチューブ:とも子助産院TV をはじめました。(^O^)/

チャンネル登録をお願いします。

 

「助産院のインターホン、初めてのときは、ピンポンするまで、ちょっと勇気がいるんだ~。」という声を聞いて、ご案内動画をつくってみました。(伊藤朋子)

 

とも子助産院 〒981-3124 仙台市泉区野村字野村95-6

https://www.youtube.com/channel/UCTZhklsE9TylEFmm4IIwq0Q

 


たかだこども医院の母乳相談

 利府町のたかだこども医院での木曜の乳児健診に、助産師2名を派遣し行わせていただいている「助産師による育児支援室」は、2006年から開始し、はや10年を越えました。熱心な母乳相談も増えてきました。

 

 そこで、もっとじっくり時間をとってケアにあたるため、乳児健診の始まる前に、助産師による母乳外来の時間を作っていただくことになりました。

 2017年6月より、以下のように実施いたします。どうぞご利用ください。

 

たかだこども医院:母乳相談(母乳外来)

毎週 木曜日: 13時〜14時(予約制)

母乳育児についてお困りの方に、助産師が相談を受けます。

赤ちゃんと一緒においで下さい。(赤ちゃんがNICU入院中などの事情のあるかたは、ママのみでもOKです。)

必要時は母乳マッサージを行います。フェイスタオルを数本お持ちください。

赤ちゃんが吸わない・吸われると痛い・・・などの相談のある方は、助産師と一緒に授乳の様子を見ながらケアを行うので、来院直前にミルクでお腹いっぱいにせず、おいでいただいたときに、助産師と相談しながら院内で授乳できるよう、授乳用品を持参・用意をお願いします。

料金: 3000円

 

たかだこども医院:育児支援室

毎週木曜日 :14時〜16時(予約制)
利府町のたかだこども医院の木曜日の「乳児健診」において、医師の診察と合わせて、当助産院の助産師が、「助産師による育児支援室」を実施しております。

料金:乳児健診料に含まれます。(別途費用はありません。)

予約・問合せは、たかだこども医院 電話022-767-6555 へ

 

助産師が、赤ちゃんと授乳の様子を見ながら、解決策を一緒に考えます。

母乳育児や赤ちゃん・産後のママに関することなら何でもご相談下さい。

 

たかだこども医院:ホームページはこちら


母と子のベリーダンス:参加者募集

IMG_0116

 

初回のおためし参加 800円

一般:2回目以降の参加  1500円/回

妊婦さんの参加:何回目でも 800円/回

 

講師:Luja 先生

会場:野村コミュニティーセンター 

日時:助産院カレンダーをご覧ください。

原則として、水曜日か、木曜日の10時半~11時半 月2・3回程度。

対象:初心者むけ。女性ならどなたでも参加できます。

   お子さん連れ可(託児はありません)

 

服装は自由。動きやすい服装で。

前半の30分は、ストレッチと筋トレです。

汗をかきます。飲み物をお持ちください。

IMG_1314

≪ 母と子のベリーダンスへ参加する妊婦さんへ ≫

ベリーダンスは、産前産後の女性に役に立つ楽しいエクササイズです。

ただし、以下のような場合は、ご遠慮いただいています。

 

*切迫流産・早産など、医師に、運動を制限されてる場合。

*運動により悪化する可能性のある持病がある場合。

*体調が悪いとき。

*週数に応じた妊婦健診を受けていない方。

 

妊娠中に参加される場合は、自身の体調の様子をみながら、できる範囲での参加としてください。お腹の強い張りや痛み、出血・破水など、参加中に体調の変化があった場合は、速やかに運動を中止し、インストラクターにお申し出ください。

 

申し込みフォームは、こちら

スケジュールは、サークルカレンダー をご覧ください。

 


ページトップ