検索

トップページ > おしらせ

ブログ おしらせカテゴリー

2021年ニュースレター

大雪ですね。静かでお正月らしい新年を迎えています。

よい年でありますように。

PDFダウンロードはこちらから


毛糸のおっぱいプロジェクト ニュースレターvol.6

とも子助産院が事務局となり活動している毛糸のおっぱいプロジェクト。
11月に気仙沼の編み手さん宅を来訪した記事を中心にニュースレター最新版ができました。ご一読いただければと思います。

震災後にはじまったこのプロジェクトも、おかげさまで現在も続いております。
ひきつづきどうぞよろしくお願いいたします。

(石澤)

印刷用ダウンロードはこちらからどうぞ


子連れ入院中の託児・送迎サービスのご案内

 とも子助産院は、お子さんやご家族と、一緒に宿泊して、産前産後を過ごすことができる助産院です。

 お子さんの滞在は、夕食から朝食までの夕方~朝の一時預かりが利用できない時間帯のみの利用を原則としています。

 なるべく、日中は、普段通っている保育園や学校へ行っていただくか、一時預かりの利用・ご家族や託母さんとお出かけしていただくように、おすすめしています。元気なお姉ちゃん、お兄ちゃんが、一日中、助産院の中で過ごすとなると、生まれたての赤ちゃんやお母さんの休息が取れなくなってしまうためです。

 ご家族による送迎や、託児が不可能な場合は、下記を紹介しています。

*感染症の疑いのあるお子さん・ご家族の面会・施設立ち入りはご遠慮ください。

*コロナウィルス・インフルエンザ等の流行が著しい時期については、一時的に面会や入館制限を行うことがあります。ご了承ください。

 

仙台市すくすくサポート

 入会金:なし  託児料 700円~800円/時

 事前に説明会(月に1~2回)への参加と、登録が必要です。

 市政だよりに案内が出ます。

 運転できるサポーターさんは少ないそうですが、まずは登録から。

 仙台すくすくサポート事業事務局:022-214-5001

 

託児ボランティア ぽけっと 

 ボランティアのため、必ずしもご希望日に利用できない場合もあります。

 入会金:なし、託児料:  交通費:実費

 (代表 豊島) 

 

NPO 子育て支援アシスト・エフワン

 入会金:1000円、保険料他:4800円

詳しくは、こちらのサイトをごらんください。

 

NPO にこにこサポート

 入会金:年会費 5000円 

詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。

 

キッズライン

キッズライン  ベビーシッター マッチングサイト

 

産後ドゥーラ

 仙台でも認定者が数名活動しています。

ママによる送迎

 産後ケア入院など、産後日数がたってからの利用の場合は、ママ自身の運転で保育園や学校に送迎したり、ママがタクシーに同乗して、近くの保育園の一時預かりへ送迎してたりしているケースもあります。

 

子どもサポートタクシー

 3歳以上のお子さんですと、タクシードライバーに委託して送迎してもらうこともできます。事前登録と、託児施設との打ち合わせ必要です。費用はタクシー代のみです。

 くわしくは、こちらのサイトをご覧ください。

 

一時預かり施設(仙台市)

 仙台市の一時預かり事業 

 


分娩予約を再開しました。(2021年6月予定の妊婦さんから)

 2020年10月より、嘱託医を、メリーレディースクリニック 院長 國井周太郎先生にお引き受けいただけることになりました。

 

 とも子助産院の分娩予約を2021年6月予定(最終月経の開始日が、2020年8月25日以降)の妊婦さんから受付再開しました。

 当助産院でお産を検討されている方は、まず、助産院に見学においでください。助産院でお産する場合の妊婦健診の進め方や、助産院でお産するのが難しくなったときの対応等について、説明させていただきます。

 2人目以降の妊婦さんは、上のお子さんの母子健康手帳をご持参ください。

 見学予約は、℡ 022-772-5960 へお電話ください。

メールの場合は、下記のメールフォームをご利用ください。

 助産院見学予約のメールフォーム

なお、下記の方は、とも子助産院でのお産はお受けできませんので、産後ケア等でご利用ください。

*帝王切開など、子宮の手術を受けた方
*以前の出産で1000ml以上の出血があった方
*喘息の治療をしているかた
*精神科を含む、病気治療中の方
*35歳以上の初産婦さん

その他、助産業務ガイドラインにより病院をお勧めするケースがあります。
詳しくお問い合わせください。

 


早産したママが、修正月齢での産後ケアが利用可能に。

妊娠36週6日以前に、出産なさったママたちへ。

修正月齢って、ご存じですか?

 分娩予定日より、3週間以上早く生まれたお子さんの場合、成長発達を見るときに、本来の分娩予定日より数えた月数を基準にしてみていく「修正月齢」というものがあります。

 国の産後ケアガイドラインの改正に伴い、産後ケアの利用対象月齢を、早産(37週未満)のママについては、修正月齢を適応する自治体が増えています。

 なぜなら、早く生まれたお子さんは、NICUに入院するなど、ママより後に退院となることが多く、お子さんが退院なさるころには、産後ケアの対象期間が終わってしまい、練習不足のママたちが、孤軍奮闘の子育てに突入…という事になってしまうからです。

 

仙台市は、2020年10月より、修正月齢が適応になりました。

 もし、3月1日に予定日だったのに、1月1日に生まれてしまったとしたら、これまでは、本当の誕生日の4か月後である4月末日までしか利用できなかったけれど、修正月齢が適応になると、7月末日まで産後ケアに助成適応になるという事です。

 

これまで

 本当の誕生日(1月1日)から4か月 → 4月末日までしか助成にならない。

2020年10月1日から

 修正月齢・分娩予定日(3月1日)から4か月 → 7月末日まで、適応になる!

 

 少しずつ、使いやすい制度になってきています。

 ふたご・みつごのママや、思いがけなく早産になってしまったママ、どうぞ、産後ケアをご利用ください。

 24時間はりつめている、産後のママを1分でも多く休ませてあげたいと思います。 

 

仙台市のサイト:産後ケアについて。

仙台市の申請書類のダウンロードもできます。


ページトップ