検索

トップページ > お産

ブログ お産カテゴリー

お産リハーサルクラスと助産院見学会

11月4日野村コミュニティセンターにてお産リハーサルクラスをおこないました。

うぶごえ座の井本さんも参加してくださいました。

病院や助産院で出産予定のご家族と、上のお子さんもいっしょに和やかな雰囲気です。

「助産師になりたい!」という、中学生さんも来てくださいました。

 

とも子さんによる分娩の流れのお話の後はお産の劇。

四つん這いの格好はどうかしら。

産婦が、陣痛の合間に寝息たてて、すっかり寝入っています。

元気に呼吸しているので、へその緒を切っても大丈夫です。これからは、赤ちゃんは自分で息をして、自分でおっぱいを飲んで育っていくようになりますね。

 

この講座のあと、御希望のかたには、助産院の施設見学をしていただきました。

ご参加いただきありがとうございました!

(石澤)

とも子助産院での出産のご案内

 

 


H30年度、宮城の助産所安全管理評価

2018年10月15日(月)に、日本助産師会の助産所安全評価を行いました。

毎年10月に、宮城県助産師会の安全対策委員と会員で、県内の分娩を扱っている助産所を訪問して、安全管理評価表(64項目)に基づきチェックし合い、情報交換をしています。

大崎市のははこっこ助産院では、超音波の装置を新機種に入れ替えたそうで、おニューをお披露目いただきました。

ははこっこ助産院の火災自動通報装置。

こんの助産院の沐浴室。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産後入院専門のこんの助産院は、昨年までは、分娩を扱っていない助産院ということで、評価対象としておりませんでしたが、今年から参加いただきました。産後ケアはこれから注目の分野です。

とも子助産院では、あたらしいスタッフも交え、助産所でのお産を説明するためのパンフレットや書類の工夫について、話し会いました。

森のおひさま助産院では、記録の残し方や防災対策についての取り組みをうかがいました。

それぞれ、工夫しながら、特徴あるケアを展開しています。

地域密着で、これからもお母さん方に喜ばれるケアを安心安全に提供していけるように、仲間たちと頑張っていきたいと思います。

(伊藤朋子)

 


2月26日スタジオAliceマタニティーセミナー&無料撮影会

2019年2月26日(火)10時~12時の「スタジオAliceマタニティーセミナー&無料撮影会」の講師をとも子助産院の伊藤朋子助産師が担当します。

会場:ヨークタウン市名坂の スタジオアリス市名坂店

参加費無料です。どうぞ、おいでください。

赤ちゃんのおむつ替え・お着換え体験や、産前産後のお話をする予定です。

助産師にききたいことをなんでも、相談してください。

セミナーの後に、希望の方は、無料で写真撮影をしてもらえます。

プレゼントもあるようです。妊婦さんとそのご家族が対象です。

ご希望の方は、直接お店へご予約ください。

電話:0120-360-753 または、022-373-7770

詳しくは、こちらへ

 

 


お産リハーサルクラス 9月2日

パパや、お子さんたちとお産リハーサル劇を見てもらいました。  

産婦さん役、おなじみ、石澤佳奈さん。

秋田からいらした助産師学生さんたちも参戦。すでに10件のお産実習をしませているとのことで、さすがのノリの良さでした。

ちょっと怖くなって、ママの影からそっと見ている女の子、御安産ウチワをもって、「がんばれ~」と応援してくれるお姉ちゃん。どんなに小さくてもママが命を生み出そうとして、がんばっているのはわかるもの。

本番が楽しみですね~。

赤ちゃんたち、みんなが楽しみに待っているよ。元気に出ておいで~。


とも子助産院に新しい助産師が仲間入り

 

月に1度の定例スタッフ会議でした。今月から新しい仲間が増え、お産のシュミレーションをしつつ、新人オリエンテーションをしました。

 新人とは言っても、酒井さんは、自ら3人のお子さんを3ヵ所の助産院で出産され、埼玉の「わこう助産院」の勤務経験もあるベテランです。そして齋藤さんは、1歳半の双子ちゃんのママです。また新しい風が吹きそうです。

今日のお産シュミレーションの産婦さん役は、早坂助産師です。

玄関にお迎えに行って、「歩けない~。ムリ~。」とうずくまる産婦さん。

浦場助産師、マニュアルファイル片手に、指示が的確。 

産婦さん役、リアルすぎ。

はい、元気ですよ~。おめでとう。

 

スタッフみんなのプロフィールは、こちらから、ご覧ください。

 


ページトップ