search

トップページ > ブログ一覧

ブログ

自然薯掘り

とも子助産院の裏庭で、秋の収穫。

ぐにゃぐにゃの自然薯。何年物? 

とも子助産院の裏庭で、夫が苦労して掘り出してくれました。

大事にいただきま~す。

 


天使!

2分の1誕生日。とも子助産院で誕生した天使! すくすく。


分娩予約を再開しました。(2021年6月予定の妊婦さんから)

 2020年10月より、嘱託医を、メリーレディースクリニック 院長 國井周太郎先生にお引き受けいただけることになりました。

 

 とも子助産院の分娩予約を2021年6月予定(最終月経の開始日が、2020年8月25日以降)の妊婦さんから受付再開しました。

 当助産院でお産を検討されている方は、まず、助産院に見学においでください。助産院でお産する場合の妊婦健診の進め方や、助産院でお産するのが難しくなったときの対応等について、説明させていただきます。

 2人目以降の妊婦さんは、上のお子さんの母子健康手帳をご持参ください。

 見学予約は、℡ 022-772-5960 へお電話ください。

メールの場合は、下記のメールフォームをご利用ください。

 助産院見学予約のメールフォーム

なお、下記の方は、とも子助産院でのお産はお受けできませんので、産後ケア等でご利用ください。

*帝王切開など、子宮の手術を受けた方
*以前の出産で1000ml以上の出血があった方
*喘息の治療をしているかた
*精神科を含む、病気治療中の方
*35歳以上の初産婦さん

その他、助産業務ガイドラインにより病院をお勧めするケースがあります。
詳しくお問い合わせください。

 


助産院ごはん   10月その1

山々がだいぶ色づいて来ましたね^ ^

先週、数年ぶりに芋煮会をしました。仙台風の味噌仕立て。締めはやはりカレーうどん!お腹いっぱいでも、締めは別腹^ ^笑 美味しかったです!

 

では助産院ごはんの紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記:庄子

 


早産したママが、修正月齢での産後ケアが利用可能に。

妊娠36週6日以前に、出産なさったママたちへ。

修正月齢って、ご存じですか?

 分娩予定日より、3週間以上早く生まれたお子さんの場合、成長発達を見るときに、本来の分娩予定日より数えた月数を基準にしてみていく「修正月齢」というものがあります。

 国の産後ケアガイドラインの改正に伴い、産後ケアの利用対象月齢を、早産(37週未満)のママについては、修正月齢を適応する自治体が増えています。

 なぜなら、早く生まれたお子さんは、NICUに入院するなど、ママより後に退院となることが多く、お子さんが退院なさるころには、産後ケアの対象期間が終わってしまい、練習不足のママたちが、孤軍奮闘の子育てに突入…という事になってしまうからです。

 

仙台市は、2020年10月より、修正月齢が適応になりました。

 もし、3月1日に予定日だったのに、1月1日に生まれてしまったとしたら、これまでは、本当の誕生日の4か月後である4月末日までしか利用できなかったけれど、修正月齢が適応になると、7月末日まで産後ケアに助成適応になるという事です。

 

これまで

 本当の誕生日(1月1日)から4か月 → 4月末日までしか助成にならない。

2020年10月1日から

 修正月齢・分娩予定日(3月1日)から4か月 → 7月末日まで、適応になる!

 

 少しずつ、使いやすい制度になってきています。

 ふたご・みつごのママや、思いがけなく早産になってしまったママ、どうぞ、産後ケアをご利用ください。

 24時間はりつめている、産後のママを1分でも多く休ませてあげたいと思います。 

 

仙台市のサイト:産後ケアについて。

仙台市の申請書類のダウンロードもできます。


ページトップ