検索

トップページ > ブログ一覧

ブログ

ご案内:1月21日講演会「絵本と鳥の巣のふしぎ」

仙台手をつなぐ文庫の会 50周年記念講演

 講師 鈴木まもるさん(絵本作家・鳥の巣研究家)

生きものがつくる美しい家

日時:2024年1月21日(日)13時~15時半

会場:太白区市民センター 3階大会議室

参加費:無料

お申込み:お近くの文庫または、とも子助産院でごはん担当の田澤まで。

電話FAX:022-276-3958


助産院ごはん 11月②

今年も、あと1ヶ月となりました。

仙台は、雪がちらついています。

いよいよ冬本番!この寒さに負けないように元気に過ごしたいですね(^_^)/

 

それでは、11月後半の助産院ごはんをご紹介します♪

*朝食*

 

*昼食*

 

 

 

 

 

 

 

 

*夕食*

 

 

 

記:手代木

 

 


助産院ごはん 11月①

助産院から見える泉ヶ岳も薄っすらと雪が降ったようです。

突然の冬到来に、気持ちよく過ごしていた植物や虫たちも、きっと、ビックリしているのではないでしょうか。

私たちも、突然の寒さに身体がついていけませんね。寒い冬を楽しく過ごせるように、しっかり食べて適度な運動を心掛けたいですね(^-^) 

 

それでは、11月前半の助産院ごはんを紹介します♪

*昼食*

 

 

 

 

 

 

*夕食*

 

 

 

 

 

 

記:手代木

 

 

 


母乳は、最強の防災対策!!11月25日(土)母乳育児のコツ(無料)参加者募集

 男性の育児参加、女性の社会進出・・よいことではありますが、母乳育児への関心が薄れているように感じます。

 でもでも、ヒトは、哺乳類。

 「おっぱい」がうまくいくと、育児は楽しく、母の自信がしっかり育ち、パパも安心。

 なにより、最強の防災対策となります。

 

【3.11.のとき、乳児のママから、聞いたこと。】

  • ミルクが買えなくても、平気だった。ママは、冷たい水でも、期限が切れたおにぎりでも、食べれば、なんでも母乳になった。
  • 子供がぐずって、避難所に入れない親子がいたけれど、母乳の赤ちゃんは、おっぱいを吸っていれば、静かに過ごせたので、大勢の人がいる避難所で過ごせた。
  • 大人がみんな、風邪をひいても、母乳の赤ちゃんだけが元気だった。母乳の免疫、すごいと思った。
  • 津波のため避難所で4日間過ごした。暖房がなかった。病気のある赤ちゃんだったので、おっぱいは吸えないと思って退院してきたけれど、ずっと胸に抱いていたら、3日目に、おっぱいを吸うようになって、出る量も増えてきた。退院したばかりで、おしっこが少なくて心配だったけれど、そのあと母乳育児になった。
  • 哺乳瓶を消毒したくても、ブラシやお湯がなかった。
  • 支援物資のミルクがもっと欲しかったけれど、もっと必要な人もいるかな~と思うと、「沢山ほしい」といえなかった。
  • 避難所で、長期過ごすうちに、赤ちゃんが寝返りできるようになって、避難者のアイドルでみんなをいやしていた。

ちょっとしたコツを知ることで、母乳育児が続けられます。

母乳育児のコツの話を聞きに来てください。

お待ちしています。(伊藤・川村)

 

宮城県助産師会 じょさんしフェスタ2023 参加企画

「母乳育児のコツ」参加者募集

日時:2023年11月25日(土)10時~11時

場所:ゴリラガードギャランティーさんのホール

(とも子助産院のお隣です。助産院においでいただければ、ご案内します。)

会費:無料

対象:産前産後のママとご家族。

募集:10組まで

内容: 母乳育児のコツについて、お話します。 

 お人形を使って、練習してみましょう。

担当:助産師 川村三春

≪持ち物≫

 母子手帳・ペットボトル飲料・マスク・母子手帳

申し込みフォームは、こちら

連絡先:とも子助産院 022-772-5960(診察時間外は、留守録に、お名前・電話番号・ご用件を録音してください。)


映画「1%の風景」が、仙台でも上映されます

映画「1%の風景」が、仙台でも上映されます

https://josan-movie.com/#

フォーラム仙台 2023.12月1日~上映

 


ページトップ